永久脱毛の定義

永久脱毛の定義とは?本当に永久なの?方法は?

女性の悩みの1つに「ムダ毛」があります。決して毛自体はムダなものではないのですが、このご時世お洒落で肌を見せる機会が多くなると、やはり毛がない方が嬉しいものです。様々な美容クリニックでムダ毛処理のコースが紹介されていますが、そこでよく聞く「永久脱毛」とは一体どのようなものなのでしょうか。

 

 

 

今回は永久脱毛の定義と、様々な美容クリニックで紹介されている脱毛法について詳しくご紹介していきます。

 

 

永久脱毛の定義とは

ムダ毛0は間違い?

「永久脱毛」という言葉から、ムダ気が一切なくなることを想像される方もいますが、結論から言うとムダ毛0にはなりません。米国電気脱毛協会と呼ばれるところが定義づけた「永久脱毛」とは、“最終脱毛から1ヶ月後の毛の再生率が20%以下である”とされています。

 

 

 

脱毛の方法自体はワックスや光を用いたもの、レーザーを用いたものと色々ありますが、どのような方法をもってしても「一切毛が生えてこなくなる」といった脱毛方法は、現時点では紹介されていません。どちらかというと、「永久脱毛」という名前はついていますが、脱毛の目的は毛の削減と、毛の本数を安定的に減少させることにあります。永久に除去されるものではないので、注意してください。

 

 

 

ただ、人によって毛質の違いがあるので結果に違いは生じるものの、永久脱毛を行うことで、毛の数がぐっと減り、ムダ毛が気になりづらくなることも事実です。

 

 

毛の周期について

どのような脱毛方法を受けることになっても、まずは毛の周期について理解しておくとよいでしょう。毛には一定の周期があり、常に生え変わっているものです。成長期退行期休止期と呼ばれる3つの段階がありますが、後述するレーザー脱毛や光脱毛に関しては、この段階のうち、休止期にしか効果的ではない場合があります。そのため、脱毛の結果を急いでもあまり効果はなく、長い時間をかけて継続的に脱毛を続けていかなければ、毛の数の減少にはつながらないのです。

 

 

 

しかし人の毛は周知の通り、大量に生えています。脱毛したい部位が、この3つの段階のどの段階に値するのかを見極めることはできません。個人差もありますし、部位によっても周期に違いがあります。そのため脱毛施術の際には目安として2?3ヶ月間をあけて行うことがあります。もっと分かりやすくタイミングを図るとするならば、「再び毛がはえそろった時」が次の脱毛のタイミングと言えます。

 

 

永久脱毛の方法

フラッシュ脱毛

近年メジャーになってきたのがフラッシュ脱毛です。お試し価格でワンコインで施術を受けることができるサロンもあります。特殊な光によって毛の再生力を弱らせるという方法です。毛のメラニン色素に反応する仕組みです。サロンや使用する機械によって光の強さや照射時間は異なりますが、比較的一度に広範囲を照射することができるので、背中や脚といった広い部分を一気にケアすることもできます。一気にできることから、施術時間もかなり短いため、手軽にサロンに立ち寄ることのできる脱毛法です。

 

 

 

痛みも少なく、気軽に通えるといった点ではかなりメリットの大きい脱毛法ですが、「永久脱毛」と呼べるほどの効果はまだ検証しきれていない現実があります。また薄い毛に反応しにくい場合もあるので、効果を実感しづらい場合もあります

 

 

レーザー脱毛

昔から脱毛といえば、レーザーが浮かぶ人も多いのではないでしょうか。レーザーもフラッシュ脱毛と同様、光を利用したものですが、光の波長に違いがあります。レーザーでは集中的に熱を集めて施術する特長があります。照射する際の光や威力が強いため、医療機関でしか用いることのできない脱毛法となっています。その分、上記で定義づけられた「永久脱毛」をうたうことのできる効果を発揮します。

 

 

 

ただし、威力が強いこともあり、痛みを感じにくいフラッシュ脱毛に比べると痛みを強く感じる人もいます。クリニックによっては事前に皮膚へ塗るタイプの麻酔を事前に用意してから行う場合もあります。また効果が強い分、日焼けしてしまって敏感になった肌や疲労で荒れてしまった肌には施術を行うことができません。日々のケアを怠らないように注意しましょう。

 

 

 

しかし、その効果の強さから、毛周期も見込んだ上で数回施術すれば、毛の減少は十分見込めます。多少価格は高くなってしまうものの、少しでも毛の数を確実に減らしたいという思いの強い人は、投資してみてもいいのではないでしょうか。

 

 

ワックス脱毛

専用に用意されたワックスを肌に塗り付け、その上に密着させたシートをはがすことで行う脱毛法です。最も有名なワックス脱毛にブラジリアンワックスというものがあり、その大半がVIOに対しての施術となります。ブラジリアンワックスが有名になる前から、自宅でも気軽にできるワックスシートも販売されています。毛根から抜き取ることができるので、長い人だと1ヶ月ほど毛のない状態がもちます。カミソリ負けしやすい人には嬉しい脱毛法です。ワックスをはがす際、角質も取り除かれるため美肌効果も期待できます。

 

 

 

ただしワックスが肌に使用できる仕様とはいえ、敏感肌の人は避けた方が良い場合もあります。また自宅でやる際は思い切りよく、かつ細かく丁寧に脱毛しないとひどい目にあいます笑。経験談ですが、乾きすぎたワックスをはがす時ほど痛いものはありません・・・。

 

 

永久脱毛おすすめ部位

ワキ

永久脱毛でおすすめしたい部位は、やはり何と言ってもワキですね。ワキは現代に必要ないのでは?と思えるぐらい丈夫な毛が生えてくる部位です。自発的にワキを見せる気がなくても、ワキが見える機会は予想以上に多いものです。

 

 

 

最もメジャーな処理方法としてはカミソリが挙げられますが、柔らかくたるみのあるワキの毛を綺麗に取り除くことはカミソリだけだとなかなか難しいですよね。ワキなら部位として小さいため、フラッシュ脱毛においてはワンコインで施術を受けられるサロンもあります。脱毛初挑戦という人にもおすすめな部位と言えます。

 

 

VIO

人に見える部位では決してないものの、女性ならではの悩みである生理時のムレが格段に減るので、人気の部位となっています。下着や水着姿でも心配なく着用することができるので、VIOを処理することが浸透してきたと言えます。

 

 

 

全て処理する方もいれば、整える程度に処理する方もいて、様々な方法で施術を行うことができます。VIOに生える毛は太く丈夫なので、自分で処理すると痛みが気になるかと思います。デリケートゾーンのケアをしたいと思った方はぜひサロンへ足を運んでみてはいかがでしょうか。

 

 

背中

背中はどうしても自分一人では処理しにくい部位です。そのため脱毛サロンや美容クリニックで施術を受けるのであれば、おすすめの部位と言えます。毛の質は人によって様々ですが、普段見えることがなく、かつ見える機会が出来た時に他人の目にしか入らない部位なので、不安になりますよね。背中の施術を受ける人の中には、ブライダルコースとして選択し、ウェディングドレスを着るために受ける方もいます

 

 

永久脱毛のデメリット

毛質によって効果に違いが

毛質によって効果の出方が変わってきます。一般的にレーザーや光による脱毛法は毛の薄い部位には反応しにくい性質があります。例えば背中やお腹、顔の産毛といった部位は効果を得られにくいです。もちろん毛深い人や毛が太い人などは毛の数の減少に効果は見えやすいですが、部位によって使い分ける必要が出てくる可能性を事前に考えておいた方が良いでしょう。

 

 

痛みを伴うものも

脱毛法でもお伝えしましたが、痛みを伴う施術もあります。痛みの感じ方や痛みを感じやすい部位など個人差も大きいのですが、威力の強いレーザー脱毛はある程度覚悟しておいた方が、かえって安心できるかもしれません。毛の太い部位であるワキなどは痛みが生じやすいですし、皮膚の下に骨のあるひざ下周辺も痛みを伴いやすい部位です。

 

 

まとめ

 

永久脱毛とは、将来ムダ毛が1本もなくなるという意味ではなく、永久的に毛の本数を減らすことのできる施術だという定義があります。満足のいく毛の減少に至るまで、長期間にわたり定期的に脱毛を受ける必要はありますが、ムダ毛の悩みを解消したいという方は、自分に合った脱毛方法を見つけて挑戦してみてくださいね。