永久脱毛って痛いの?

永久脱毛は痛い?噂の真相

女性の多くが悩んでいる、ムダ毛の処理。色々な処理方法がありますが、やはり面倒、お金がかかる、肌が痛むなどなど悩みは尽きないですよね。

 

 

 

これだけ処理が面倒なら、いっそ永久脱毛を…と考える女性は多いかと思います。しかし永久脱毛というと、やはり気になるのが施術はどのくらい痛いのか、ということです。今回は永久脱毛は痛いのか、その噂の真相を探っていきたいと思います。

永久脱毛=痛い?

 

最近では脱毛は痛くない、というイメージが強くなってきたかと思います。実際サロンなどをみても、大きな痛みはありませんと謳っているところが非常に多いです。

 

 

 

しかし永久脱毛になると、ちらほら見受けられるのが痛い、痛みがあるといった口コミや噂です。その理由を探っていくと、脱毛方法とその違いによる脱毛に関する微妙な落とし穴が見つかりました。

脱毛方法は三種類ある

色々な脱毛方法がありますが、サロンで行われる脱毛方法は主に三種類になります。フラッシュ脱毛(光脱毛)、レーザー脱毛、そして最近は下火になってきましたがニードル脱毛です。

 

 

 

恐らく脱毛は痛くないという話と、永久脱毛は痛いという話が混同しているのは、このフラッシュ脱毛とレーザー脱毛の違いを分かっていない人が多いからかと思います。次からはこの三つの脱毛方法を、詳しく紹介していきます。

脱毛方法の比較

 

ここでは三種類の脱毛方法について、その方法や違いを詳しく紹介していきたいと思います。

フラッシュ脱毛

手軽に行える脱毛として、ここ数年で一気に人気がでたのがこのフラッシュ脱毛です。光脱毛と呼ばれることも多いですね。インテンス・パルス・ライトと呼ばれる特殊な器具を使い、そこから照射される光のエネルギーで毛根のメラニンを刺激し脱毛をしていきます

 

 

 

最近エステサロンなどで良く行われている脱毛は、いわゆるこのフラッシュ脱毛がほとんどです。フラッシュ脱毛は光の出力が弱い機械を使用して光を照射するため、医療従事者でなくとも扱うことができます。なので値段も比較的安価で、色々なサロンで施術を受けることができます

 

 

 

反面やや効果が薄く、長期的効果のある脱毛は望めません、あくまで毛を弱らせて処理しやすくする、といったところでしょうか。

レーザー脱毛

レーザー脱毛は、別名医療レーザー脱毛とも呼ばれます。その名の通り、医療用レーザーを用いて脱毛をする方法であり、医療従事者でないと扱えない機械を使用して施術は行われます。

 

 

 

光の照射パワーがフラッシュ脱毛よりも強いため、効果も高いです。が、施術を受ける場所が医療機関に限られること、料金が割高になる、脱毛時の痛みが強くなるなどといったデメリットも存在します。

ニードル脱毛

最近では上記二つの脱毛方法が主流となってきているため、ほぼ施術を行う所が少なくなってきたニードル脱毛。一応簡単に説明をしておきますね。

 

 

 

フラッシュ脱毛やレーザー脱毛と異なり、こちらは針を使って行う脱毛になります。毛穴に針を差し込んで電気を流し、毛母細胞を殺す脱毛方法であるニードル脱毛。針を入れるわけですから、かなりの痛みを伴いトラブルも多かったようです。

 

 

 

最近は光照射による脱毛が主流となってきているので、高額で痛みも強くリスクも高いニードル脱毛は、廃れつつあります。施術を行っているクリニックを探す方が難しいのではないでしょうか?ただ効果は覿面ではあったみたいです。

永久脱毛はレーザー脱毛でしかできない

 

同じ光を照射する脱毛であるため、フラッシュ脱毛とレーザー脱毛は混同されがちです。しかし「永久脱毛」という謳い文句を出せるのは、実はレーザー脱毛だけとなっています。

なぜ永久脱毛はレーザー脱毛だけなのか

フラッシュ脱毛より強い光で毛乳頭を破壊できるレーザー脱毛。光の照射パワーが強く医療機関でしか施術が行えませんが、エステサロンではできない長期的効果のある脱毛をかなえてくれます

 

 

 

その効果が確かなものだと証明されているため、レーザー脱毛は永久脱毛という言葉を使用することができます。ちなみにフラシュ脱毛を行うエステサロンでは、半永久脱毛である「不再生脱毛」という用語までしか使えないようです。

医療機関だからこそ

なぜ同じ光を照射して行う脱毛であるのに、エステでは低出力のマシンしか使用してはいけないのか。それは光を照射して行う脱毛も、出力を誤れば事故やトラブルにつながるためです。

 

 

 

痛みが少ないことで有名とはいえ、サロンなどで光脱毛をするとやはり多少痛みはありますよね。人によっては赤みがでてしまった…なんていう人もいるかもしれません。光の出力が高くなれば、そのリスクも必然的に高まります。

 

 

 

医療クリニックが高出力のレーザー脱毛ができるのは、万が一施術中にトラブルが発生した場合でも、適切な処置が可能とみなされているからなんです。

永久脱毛はどのくらい痛い?

 

さて、ここからは本題の、永久脱毛はどのくらい痛いのかというお話をしていきましょう。前述しましたが、光脱毛とはいえその出力が強い分、永久脱毛で使用されるレーザー脱毛は、それなりの痛みが伴います。まずはその前提を頭に入れておいてください。

人によりけり

レーザー脱毛は痛みを感じやすいといいますが、一概に痛いか痛くないかで当てはめることはできません。というのも、人によってかなりその感じ方が異なるためです。

 

 

 

そもそも人によって痛みの感じ方は異なりますし、施術を受ける部位や毛の量、濃さ、肌質などでも違ってきます。なので痛いかどうかという話は、自身の体質と施術を受ける部位による、というところでしょうか。

毛が濃い程痛い

一般的には、毛が濃い人の方がレーザー脱毛で痛みを感じやすいと言われています。なので最初の毛が太い状態の時は痛かったけれど、脱毛が進み毛が弱ってくると痛みをあまり感じなくなってきたという人も多いです。

 

 

 

なので自分は毛深いほうだな、毛が太い方だなと思う人は、ある程度覚悟をして脱毛に挑んだ方がいいかもしれませんね。

麻酔がある

そんなに痛いのか…と怯んでしまった人もいるかもしれませんが、永久脱毛を行うことができるのは医療クリニックです。つまり、麻酔などを使用することができるので、無痛とはいかなくても痛みを和らげることは可能です。

 

 

 

ほとんどのクリニックでは別途料金を取られますが、心配な人はあらかじめ相談をしてみるといいかと思います。ただし痛みが全くゼロになるわけではないので、そこはご注意を。

永久脱毛をすると特に痛い場所

 

上記でも説明しましたが、基本的には毛が濃い場所はレーザー脱毛の際に痛みを感じやすいと言われています。そのことを踏まえて、特に永久脱毛の際に痛みを感じる場所をピックアップしていきます。

デリケートゾーン

多くの人が永久脱毛の際、かなりの痛みがあったという意見がみられたのが、Vライン、Oライン、Iラインのいわゆるデリケートゾーンの脱毛です。毛が濃く太い、さらに密集していることに加え、皮膚も薄くデリケートな部分です。

 

 

 

脂汗が出るほど痛かった、歯を食いしばって耐えた…なんて意見もかなり多かったので、デリケートゾーンの施術を望まれる方はそれなりの覚悟をもって脱毛に臨んだ方がいいでしょう。

脇や膝下部分

脇や膝下部分は、毛を処理することが多い部位です。すなわち毛が太くなりがちで、そのせいで永久脱毛の際に痛みが強かったという人が多いようです。

 

 

 

また脚に関しては、それほど毛が濃くないという人も少し注意が必要です。足の下にはあまりお肉がついていませんよね。皮下脂肪が薄い部分は脱毛の際、痛みを感じやすいので、例え毛がさほど濃くなくても想像以上に痛い!となる場合もあります。

うなじ、指など

これも上記で少し説明しましたが、皮下脂肪が少ない部分に該当する部位です。皮膚の下にすぐ骨がある箇所は、脱毛の際痛む場合が多いようです。さらにこれは毛の太さが原因で痛いわけではないので、脱毛を重ねても痛みが続くというのも嫌なところ。

まとめ

 

永久脱毛の際の痛みについて、施術の特徴や痛みの原因、特に痛みを感じる部位などをまとめて紹介しました。同じ光を照射して行う脱毛と言っても、フラッシュ脱毛とレーザー脱毛とではあらゆる面で違いがあったんですね。

 

 

 

決して痛くない脱毛とはいいがたいですが、永久脱毛の際は麻酔などを施してもらうことも可能です。お悩みであれば、一度クリニックに相談にいってみてはいかがでしょうか。