永久脱毛のサービス

永久脱毛したい!クリニックやサロンでサービスに違いはあるの?

あらゆる年代の女性が一度は悩むであろう悩みには「ムダ毛」が必ずランクインするのでは?と考えています。毛そのものは、私たちの体を守るという役割を果たしているので、なくてはならない存在ではありますが、腕や足やワキに生える毛は、現代においてはムダとしか言いようがありません笑。

 

 

 

そこで美容クリニックやエステサロンでは「永久脱毛」や「脱毛プラン」といったコースが用意されています。しかし美容クリニックとエステサロンではサービスにどのような違いがあるのでしょうか。

 

 

永久脱毛したい!

永久脱毛の定義

美容クリニックとエステサロンでの脱毛サービスの違いについてお話する前に、「永久脱毛」の定義を知っておきましょう。その字面から、一度体験するともう二度と毛が生えないように思われる方も多いかと思いますが、「永久に毛が生えてこない」という考えは間違いです

 

 

 

米国電気脱毛協会というところが定義している「永久脱毛」とは、最後の脱毛処理を終えてから1ヶ月後に生えてくる毛が20%以下になることを指しています。どうしても20%程度は生えてきてしまうのです。日本ではこのような明確な定義はないのですが、サロンでよく使われる光脱毛は正確には「永久脱毛」と謳えないなど様々な制約があります。

 

 

 

ただ永久脱毛を行うことで、圧倒的にムダ毛は目立ちにくくなります。そのため、生えてくる毛をどの程度目立たなくさせたいかの度合いによって、クリニックにするか、サロンにするかを選ぶのがおすすめです。

 

 

毛の周期を理解しておこう

クリニックやサロンに通ったとしても、ムダ毛処理には少々時間がかかるものです。というのも、毛の生え変わる周期にそって処理を行わないことには、いつまでたっても健康的で元気なムダ毛が生え続けることになるからです。毛はざっくり分けて、細胞分裂が活発化し、毛が生えていく成長期、分裂が止まり、毛が皮膚表面へ押し上げられる退行期、毛が抜け落ちる休止期があります。これから紹介する脱毛法はこの周期を把握した上で数ヶ月間を置いて処理を行うことになります。

 

 

美容クリニックで受けられるサービス

レーザー脱毛

それでは、まずは美容クリニックで受けることのできる脱毛サービスを見ていきましょう。クリニックごとに特色ある脱毛機器を用いていることもありますが、美容クリニックならではの脱毛といえば「レーザー脱毛」です。この脱毛法は、医療機関以外での施術が出来ません。厚生労働省から認可された立派な医療行為のため、医師免許がなければできない脱毛法となっています。

 

 

 

レーザー脱毛は、照射されたレーザーがムダ毛のメラニン色素に反応、吸収され、その熱によって毛の細胞を破壊することで、毛が自然に抜け落ちるようにする方法です。レーザーの強い光が毛の根本まで届き、高い脱毛効果を発揮します。こちらも毛の周期に合わせ、1?2ヶ月おきに通う必要はありますが、脱毛効果が高いので、回数としては5?8回程度で終了することが多いです。

 

 

医療機関という安心感

脱毛効果の高さももちろん魅力的ですが、医療機関で用いられる脱毛法というところにも安心感があります。医師免許のあるスタッフによる施術なので、万が一トラブルが起きた時も、医療行為として処置してもらえます。

 

 

 

また医療という分野が影響してか、スタッフさんの対応があっさりしているのが魅力という方もいました。集客のための勧誘も特になく、本当にムダ毛処理だけのために足を運ぶことができたという声もありました。勧誘に抵抗がある方、根こそぎムダ毛を処理したいという気合いの高まった人にはおすすめです。

 

 

デメリット

一番のデメリットは施術の際、痛みを生じることなのではないでしょうか。痛みの感じ方はもちろん人によって様々ですが、しっかりと伴う痛みの印象からなかなか足を踏み出せない方も多いのが現状です。

 

 

 

とはいえ、クリニックによって使用する麻酔は異なりますが、笑気麻酔クリーム麻酔を使用して痛みを和らげてくれることがほとんどです。さすがに気合いで痛みをこらえることになるクリニックはないと思いますが、念のため、痛みが怖い方はまずはカウンセリングを受けてみてはいかがでしょうか。

 

 

エステサロンで受けられるサービス

光脱毛

エステサロンで受けられるのは主に光脱毛です。フラッシュライトをパッと当てるかのような施術となります。光脱毛の場合には、医療ではなく美容という扱いのため、正確には「永久脱毛」ではなく「減毛」と謳われています。しかし「減毛」とは言え、継続していくうちに毛は細く目立たなくなっていきますし、とにかく刺激や痛みが少ないため、肌への負担が少ないのも特徴です。

 

 

 

実際光脱毛を体験した際には、確かに毛が太く濃く感じるワキや膝下のような骨の近くの毛を処理する際には、軽い静電気のような痛みを感じることがありましたが、ほとんどは「なんかあったかいな」くらいで済んでしまいます。強くても輪ゴムで軽くはじかれる程度の痛みしかありませんから、気軽に受けることはできます。

 

 

手軽さという安心感

レーザー脱毛と比較すると、かなり安価に脱毛を行うことができます。人気のエステサロンでは、一部分ならワンコインで受けられるといった手軽なキャンペーンも行われています。また都心部であれば、駅前など通いやすい位置にサロンがあることが多く、会社や学校帰りに気軽に立ち寄ることができるのもおすすめです。施術もワキだけのような一部分だけであれば、30分程度で終えられるので、その後出かけることだってできます。

 

 

デメリット

デメリットは、冒頭でも述べたように「減毛」としか謳えないため、自分の理想通りの脱毛結果にならない場合もあります。また2?3ヶ月に1度の割合と、少々期間が長く、満足いく毛の量になるまでに2?3年近くかかった人もいます。

 

 

永久脱毛の失敗しない選び方

むだ毛をどれだけ無くしたいか

それぞれのサービスやデメリットをご紹介してきましたが、永久脱毛あるいは減毛を選ぶ際には、自分がどれだけムダ毛をなくしたいのかによって決めるのがいいでしょう。もし出来る限り早い期間で生えてくる毛の量を少なくしたいのであれば、美容クリニックによるレーザー脱毛の方が納得いく結果におさまるのではないでしょうか。一方で、通いやすさのような手軽さを重視するのであれば、エステサロンの方がおすすめです。

 

 

費用から考える

特に重要なのが費用です。脱毛プランといえども、他にそのサロンへの入会料金や化粧品代がかかってしまっては、予算がオーバーしてしまうことも考えられます。前もって通いたい場所の金額体制について確認しておくことが大切です。月額定額プランを提示する場所もあります。後悔しない脱毛施術を受けるために、お財布との相談も必須ですよ。

 

 

まとめ

 

美容クリニックとエステサロンのサービスの違いは、脱毛方法にあります。メインの脱毛方法となるレーザー脱毛と光脱毛は、仕組みはほとんど同じですが、脱毛効果や痛みに違いがあります。通う場合には、どのくらいの頻度で通うことができるか、費用やムダ毛をどれくらい取り除きたいかによって決めることをおすすめします。